借りたら返さないといけないので

お金を借りたことは、学生の頃に自分だけのためのパソコンを購入した時、30万借りることにしたのが初めてでした。

現在も基本的には買い物などは現金や予算内で収まるようにしていますし、身分不相応なものは持たないのでお金を借りてまで何かを購入することはないのですが、まだ大学生だった頃に買ったパソコンは親からお金を借りてバイト料で毎月2万ずつ一生懸命返したものでした。

今はメーカーによっては5万ほどでそれなりのパソコンが買えますが、当時はまだ15万くらいは出さないと買えなかったのに、バイト料しか収入のなかった学生の分にはなかなか贅沢な買い物であったような気がします。

しかし家族のいるリビングで共用のパソコンで夜中にネットや卒論をするのは難しかったのですよね。

借りたお金は親子であっても返さなければならないと思ったので半年で全額返済しましたし、友人間でも昼食代の数百円の貸し借りなどをしてもすぐに返したりはしていましたが、一般的には人間関係はお金が絡むと面倒なことになりがちです。

精神的にも貸し借りが出来るのも嫌ですし、そういったことを出来るだけ減らすためにもお金を借りる必要がある時には、どのくらいまでなら今の自分の収入から返していかれるかということを念頭に置くべきかと思います。

万が一返せないとなると相手に一生頭が上がらなくなるのは間違いないのですから。