友人にお金を借りる時の注意すべき点。

お金を他人に借りることは誰にでもありうることだと思います。

しかし、その相手が友人であった場合様々な問題がおこる可能性があります。時にはそれが原因で関係が悪くなってしまったり、最悪の場合関係が途絶えてしまう場合も考えられます。

実際、私もお金の貸し借りが原因で友人と一時期気まずくなってしまったことがあります。その時思ったのはあらかじめしっかり返す期限などを約束した方が良かったと思いました。

さらに友人であるので貸して欲しいと頼まれた方は後の関係を気にして断りにくいし、返して欲しいという要求もしつこくするとうるさいと思われると考えてしまいなかなか催促することもできません。借りた方は相手が言ってくるまで返さなくて大丈夫だろうなどと考えてしまうこともあると思いますし、言いたいことがあってもお金を借りていたらなかなか意見を公平な立場から言えないものだと思います。

また、お金を借りるということは直接信頼に繋がってくると思います。返せなかったら本当に信用を失います。一時の貸し借りで友人などの信頼を失いそれを修復しようとするのはとても難しく、辛いことであると思います。もし借りてたお金を返せたとしても一度返せたし借りれたからまた借りようなどとなってしまうと、またかと思われ徐々に印象も悪くなっていくと思います。

つまりお金を借りるという行為はその場をしのぐことはできても後のことを考えると自分にとっても友人との関係においてもほとんどマイナスでしかないと思います。

どうしてもというときは家族や、友達であってもしっかり期限を約束してからなどにして、お互いに関係を悪くないようにするべきと思います。